レイク増額

レイク増額の危険性について

レイクは、総量規制対象外のローンですので、高額な限度額に期待して申込んだ人も多いのではないでしょうか。

 

最初からいきなり高額な限度額が認められることは少ないですので、利用中に増額の希望を検討する場合もあるはずです。

 

しかし、レイクの増額審査には、いくつかの注意点がありますので、それを理解した上でないと希望が出せません。

 

 

レイクの増額審査における注意点とは、

 

 1.収入証明が必要になる。
 2.申込審査よりも厳しい。
 3.限度額が減る場合がある。

 

などがあります。

 

 

まず、レイクは、100万円までは収入証明なしで申し込めるとしていますが、増額審査の場合は別です。

 

より高額な融資になりますので、収入証明を提出するよう言われることがほとんどですので、事前に用意しておかなければなりません。

 

源泉徴収票や所得証明書がないと、増額審査が受けられないというのが1つ目の問題です。

 

 

次に、増額審査がカードローンの申込審査よりも難しいという問題があります。

 

他社のカードローンの申込みなら、新規の申し込みになりますが、レイクの増額の場合は、あえて厳しい審査を受けなければならないことになります。

 

 

また、他社の借入れの状況に変化があったり、これまでのレイクの返済が滞ったことがあったりすると、増額審査を受けたときに「限度額が減る」可能性があります。

 

増額の希望を出して限度額が減る可能性がありますので、多くの方は、他社のカードローンの申込みで枠を増やしています。

更新履歴